携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 牛乳・卵・大豆アレルギーと戦う

三女のほっぺ、手、足の湿疹がひどく、
表皮ができずに体液で手足や顔がベタつくほどの、ひどい状態。
皮膚科を受診し、1か月たっても良くならないので、アレルギー科でスクラッチテストをしてもらいました。
そしたら、牛乳と卵黄、大豆のアレルギーであることが判明。

卵、牛乳、大豆は三大アレルゲンと呼ばれるほど、発症する人が多いらしいのですが、
まさかわが子に発症するとは。。。

大豆アレルギーだと、乳児湿疹がひどくでるんだとか。
ちなみに、乳吐きがひどかったのも、これに関係してるんだとか・・・。

三女はまだ4カ月。
アレルギー用粉ミルクをトライしたのですが、受け入れてもらえず、
母乳源である私が食事制限を行うことになりました。

次女の卵アレルギーで、食事制限には慣れていたものの、
今回のネックは「大豆」。
大豆アレルギーの場合、除去食品は広範囲なのです。

牛乳と卵の排除であれば、和食にすれば安全なのに、
大豆も排除するとなると、醤油や味噌が使えず、和食も厳しい。
和菓子も、醤油味、あんこ系、きなこ系すべてだめ。
食パンにすら大豆が含まれている。
植物油のほとんどには、大豆油が使われているので、揚げ物もだめ、お菓子もだめ。
枝豆やソラマメなどの豆系もダメなら、大好きなコーヒーもだめ。

納豆やお豆腐、もやし、豆乳なんて、健康にいいと思って、
積極的に食卓に取り入れてたのにー。

一体、何を食べればいいのー!!と、
最初の2週間くらいは、ほとほとメニューに困り、
「これに米アレルギーも入っちゃうとどうなっちゃうんだ?」と思いながら、
ひたすら、お米、塩味の野菜&お肉、焼き芋ばかりを食し・・・。


そしたら、いいのがありました!
b0114909_22161495.jpg

大豆を使っていない、味噌にしょうゆたち!

■一番しぼり菜種油■
・・・普通のサラダ油だと、大豆油が含まれているので、これを取り寄せ。
でも日清のキャノーラ油も同じ菜種油だけで出来ていることが分かり、今度からはキャノーラ油かなー。
■胡麻むらさき■
・・・ゴマから作った醤油。濃口醤油の代わりとして。味はさほど普通の醤油と変わりません。
■キヌア醤油■
・・・アンデスで食べていた穀物でホウレンソウの仲間なんだとか。味も色も薄め。でも、しょっぱい。我が家は関西風の味付けでほとんどの料理には、元々薄口醤油を使っていたので、これを煮物に使います。
■発芽キヌアみそ■
・・・同じくキヌアから作ったみそ。これも味が薄いです。オットは、このキヌアみそに胡麻むらさきを足してお味噌汁を作ってくれました。
■のりのつくだ煮■
・・・ひえ醤油を使っているのですが、醤油の味があまりしないので、海苔独特の風味がとても強い。「桃屋のごはんですよ」の代わりがほしかったので、これは味が違いすぎて、もう買わないかな。。。
■おこめのケーキミックス■
・・・このケーキミックスと、菜種油でケーキが作れます。パンっぽいものが食べたいと購入。大人はおいしいと思ったのですが、こどもたちは固いせいか食べませんでした。他のレシピを考案しなくちゃ。



強い味方が届いたおかげで、私の食生活も豊さを取り戻してきました。
外食は当分できないけど、なんとかなるかな・・・。

b0114909_2236599.jpg

曾祖母に抱かれる三女。

食事制限を行ってからたった4日目にして、こんなにも改善。
ザジデンというアレルギー反応をおさえる薬と、ロコイドというステロイド剤も使っているからですが・・。

いつかは、何の薬も頼らなくともきれいな肌になるといいなと、母がんばります。
[PR]

by soapsuds | 2010-05-16 22:40 | コドモ日記