携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 <   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 親だったら必ず一度は心配すること

「五体満足に産まれるかしら・・・?」
親になったら、誰でも必ず一度は心配することです。
一人目の時は多少心配したものの、二人目の妊娠では心配しても仕方ないと、あまり考えていませんでした。
幸いにも、葉瑠も無事に生まれ、そんな心配など忘れていた2週間前、産院から電話がありました。

検査にひっかかったので、なるべく早く再検査にきてほしいとのこと。
その検査とは、新生児マススクリーニング(通称ガスリー検査)で、先天性の疾患の有無を調べるもの。

葉瑠がひかかったのは、クレチン症とよばれる甲状腺の機能低下症の病気。
放っておけば、背が伸びず小人になり、知能にも遅れがでるというものでした。

背筋が凍りつき、たたきのめされたようでした。
翌日、すぐに再検査に行き、検査結果を祈りながら待ちます。

  何千人に1人がなるという病気だって、 
  病気自体が山ほどあるんだから、
  高い確率で何らかの病気はつきもの。

  クレチン症は、早期に治療を始めて、
  毎日薬をのんで、毎月の検査さえ受けていれば、
  普通の人と同じ生活ができるんだから、
  ラッキーな病気でいいじゃない。

一時は覚悟を決めて、毎日こう自分に言い聞かせていました。

そして今日やっと再検査の結果がでました。結果は陰性!
よかった!病気じゃなかった!

安堵で崩れ落ちるようです。

それにしても、日本の高度医療はすごい。いくつかの病気は早期発見で、症状を出さずに一生を普通に過ごすことだって可能なんだから。日本に生まれてよかった。日本でこどもを育てることができて、よかった。

b0114909_15244895.jpg

親の心配をよそに、葉瑠はすくすく育っています。最近はよく泣くようになりました。

b0114909_15252247.jpg

葉夏たんは、葉瑠が大好きです。保育園から帰ると「ハ~ル~!」と言って、すぐさま帰ってきます。
[PR]

by soapsuds | 2008-07-29 15:26 | コドモ日記

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 お七夜:「葉瑠(はる)です!」

昨日は二人目が生まれてから七日目、お七夜という命名の日でした。

二人目の名前は葉瑠(はる)といいます。
Hana * Haru コンビでこれからもよろしくお願いします。

b0114909_1426131.jpg



■■■ 葉瑠 ■■■
二人目ということもあってか、葉瑠はさほど手がかかりません。

吐き戻しや、おむつもれも全くないので、着替えの回数も葉夏が一日5~6回だったのに対し、葉瑠は一日1回だけ。授乳間隔も、夜は葉夏が1~2時間おきだったのに対し、葉瑠は3~5時間。

まぁ、これは葉夏の時は私がテンテコマイで、泣けばすぐにおっぱいと決め付け、おっぱいを与えすぎたせいだな・・と反省しています。

■■■ 葉夏 ■■■

心配した葉夏たんですが、退院の日も快く葉瑠を迎えてくれました。
「ハル!ハル!」といって、ぎゅぅ~と抱っこしてくれます。
抱っこの力加減が少し強すぎるようですが、それでも葉瑠はおとなしく、葉夏たんの抱かれています。
少しヤキモチは焼くものの、葉瑠の存在を受け入れているようで、安心です。

<葉夏たんのおもしろ発言>
・ おむつ替えの時、まだへその緒がついてる葉瑠を見て・・・
  「ハル、へそ、おっき~ぃ! ハナ、へそちっちゃぃ!」

・ 葉瑠がおっぱいを飲んでいるのを見て・・・
 「ママ、おっぱい、いったぃ! ハルのぎゅうにゅぅ~、ごはん!」

b0114909_103169.jpg

[PR]

by soapsuds | 2008-07-14 14:32 | コドモ日記

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 一人目と二人目の出産の違い

b0114909_2151038.jpg

■■■ お産の痛さ ■■■
(痛みに弱い人は読み飛ばして)
二人目の出産について、みんなから「痛いに変わりはないけど、すぐに出るから大丈夫よ~」なんて言われてました。
うん、確かに短かかった。でも痛さの種類は全然違ったゾ。

一人目のときは、鋭い痛みのあとから、骨がギシギシ広がる鈍痛に絶句。
二人目は、ただただ最初から最後まで鋭い痛みだけで、悲鳴。痛さに思わず叫んでしまう。
ぶっちゃけ、一人の時は鈍痛で、裂ける痛みなんて分かんなかったけど、二人目はそれをもろにくらった感じでした。

■■■ オットの協力 ■■■
さすがにオットも慣れたもんで、立ち会い出産のフォローも完璧でした。

「なるべくアグラをかいてたほうが、重力を利用して早く赤ちゃんが下りてくるよ」と、私にアグラをかかせ、オットがそれを後ろから支えて、乗り切れるところまで陣痛を耐えました。
そのおかげで、お産の進行が早くなったように思います。オットに感謝!

■■■ 赤ちゃんを素直にいとしいと思う余裕 ■■■
一人目の時は初めてのことだらけ。分からないことだらけ。
赤ちゃんはもちろん可愛いけど、あれやこれや試行錯誤の状態。

二人目は慣れたものだから、余計なことに気を取られることもなく、ただただ可愛いです。

■■■ 葉夏たんが気になる ■■■
さっき、葉夏たんに電話すると、いつもジジ&ババと電話する時はお喋りな葉夏たんが、「ママ」と私の問いに「うん、うん」としか言わない。
それまで元気にパパとご飯を食べていたのに、急にしょんぼりした様子。
初めてママと離れてるんだもの。仕方ない。

早く帰って、めいっぱいギュゥ~ってしてあげたい。葉夏のことばかり気になります。

■■■ お産難民 ■■■
写真は新生児室の様子。これでもかというほど、赤ちゃんが溢れてます。
2年前、葉夏たんを出産した時の3倍近く。
相次ぐ産院の閉鎖に、受け入れ可能な病院のキャパは目一杯です。
今日も帝王切開が2人に緊急入院が2人と、看護婦さんが悲鳴をあげています。

これから妊娠予定の人。妊娠が分かったらすぐに予約しないとお産難民です。ツワリが終わってから~なんて考えてると自宅出産になりかねません(>_<)
[PR]

by soapsuds | 2008-07-07 21:05 | コドモ日記

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 生まれました

b0114909_12102217.jpg

今朝8時21分、第二子が産まれました。

3100gの女の子!
母子共に健康です。

長引くと思われた分娩は最初の陣痛から28時間で終りました。

二人目のお産は、一人目の時と違って意外とラクでしたが、やっぱり痛いもんは痛いですね。

これからも葉夏たん同様に、二人目もよろしくお願いします♪
[PR]

by soapsuds | 2008-07-06 12:10 | コドモ日記

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 いざ、戦闘開始!・・・?

朝4時から始まった陣痛。
産徴(おしるし)の出血もでた。

そして今日は両親学級の日。
(オットの立会い出産希望の場合は必ず受講しなくちゃいけない)

「両親学級に出てから、診察受けたら、ちょうどいいじゃない♪ 今日中に出産ネ♪」と、
ちょうど広島に来てもらっていたオットと共に、病院に出陣。

陣痛間隔はすでに5分。

でも、前回味わった痛みほどでもないし、
「予約していた両親学級に先に出てもいいですかー?」なんて、
二人目出産の余裕で診察を受けた。

陣痛はしっかりきてる。
でも、まだ子宮口が1.5cm。

とりあえず、様子見ということで、
両親学級にでて、そしてまた帰宅。

あれあれ?
陣痛間隔がのびてきた。

現在10分間隔に逆戻り。

あーぁ、一人目の時と一緒だ。
微弱陣痛で、夕方になると陣痛が弱くなる。
そして明け方にまた強くなる。

そして、一晩、二晩と痛みと共に、眠れぬ夜を過ごさなくちゃいけない。

今日は土曜、明日は日曜だから、
陣痛促進剤を入れてもらえるのは、体制が整っている月曜日以降。
またまた3日間のロングラン分娩になりそう・・・・

あー、気が重い。

江戸時代だったら、体力使い果たして、
お産で死亡・・・ってタイプだな。
[PR]

by soapsuds | 2008-07-05 16:45 | コドモ日記

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 葉夏たん語⇒日本語 へ

■■■ 流行語その1 アノネー、アノネー ■■■
最近の流行語は、「アノネー、アノネー」。

「アーノーネー」と言っては、「ちょちちょち、あわわ~♪ごにょごにょ○△□・・・ (今日、ちょちちょちで遊んだの」
またまた
「アノネー、ぞうさん、しゅーすう? (ぞうさんの滑り台するー?)」
そしてまた、
「アノネー、ちぇんちぇぃ、ぐるぐるごにょごにょ○△□・・・ (先生とぐるぐるして遊んだー)」
そしてまた、「アノネー、うんち、ここに、でたー!ごにょごにょ○△□・・・ (うんちがここにでたよー)」
そしてまた、「アーノーネー、ゴロゴロピカ!こわいこわい!(昨日の雷はこわかったー)」
と、おしゃべりの止まる隙がありません。

■■■ 流行語その2 ○○の! ■■■
そしてもうひとつの流行語は、「○○の!」
たとえば、「葉夏の!」「ママの!」「パパの!」「ちぃじぃの!」という風に、
所有格が大流行。

ママのコップをちぃじぃが使っていたりすると、すかさず「ママの!」と言って諭します。
葉夏の席にほかの人が座ると、「葉夏の!」と言って、席を立ってもらっています。
保育園児の特徴でしょうか。秩序に敏感なようです。

■■■ 葉夏語⇒日本語へ ■■■
おしゃべりを楽しんでいると同時に、発音もかなり正確に。
短い言葉であれば、ほとんどの言葉を真似して発音できるようになりました。
なので、ママだけが分かる葉夏たん語というのが姿を消して、誰が聞いても分かるような言葉になってきたように思います。

ママは葉夏たんの「マメ!(駄目!)」という発音が大好きでしたが、それもすっかり姿を消し、「じゃー、葉夏たん、またねー」と帰ってゆく仲良しのおばちゃんに、今までは、「マメ!マメ!こっち!」と叫んでいたのが、しっかりと「ダメ!こっち、おっとん(広島弁でお座りのこと)」と言って、まだ帰るなと催促しています。

b0114909_15412888.jpg

今日の広島は、昨日までの大雨と打って変わって、快晴。
とうもろこしのおいしい時期です。
[PR]

by soapsuds | 2008-07-03 15:41 | コドモ日記