<< こどもにお化けの存在は必要か? 1歳9ヶ月 葉夏たん120% >>

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 1歳10ヶ月 お姉ちゃんになるための準備

広島に帰ってきて3週間たちました。
葉夏たんは、少しずつこちらのペースにもなれてきた模様。

こちら広島では、一時保育をお願いしています。
b0114909_13532730.jpg


園庭にある小屋が大のお気に入り。
降園前に40分ほど、この小屋でままごと遊びをしてから帰ります。

本当は、一時保育ではなく、毎日保育をお願いしたかったのですが、そのためには、東京の保育園を退園して「広域保育」という手続きを行わなければならず、そうなると、東京に帰ったときの再入園が難しいので、仕方なく一時保育に。

一時保育は月14回まで利用できます。それでも、商いをしているじぃじ&ばぁばには大助かり。というわけで、東京の保育園代と、広島の一時保育代とダブル支払いが発生してしまっていますが、東京の一時保育代(一日3800円)に比べ、ここ広島は2000円と助かっています。

b0114909_140132.jpg


夕方には毎日、近所のお姉ちゃんたちが遊びにきてくれます。写真に写っているのは、葉夏の一番大好きなユイノお姉ちゃん。(小学校2年生。)
ユイノちゃん以外にも、近所の子が、次々と葉夏に会いに、お店にきてくれます。田舎ならではの光景です。
近所の小学校では二年生は8人。一年生はたったの2人だそうです。過疎化が進みつつも、放課後は近所のお店に遊びにいったりと、ほのぼのしていて、やはり田舎はいいなと思います。

b0114909_1435755.jpg


お姉ちゃんになる日が近いということもあって、たぁばぁ(叔祖母)が、赤ちゃんのお人形を贈ってくれました。
大人の目には、リアルすぎてグロテスクなお人形なのですが、葉夏の目には、まさしく「赤ちゃん」に映るらしく、大のお気に入り。

赤ちゃんを座らせて、本を読んであげる真似をしたり、お着替えソングを歌いながら、お着替えさせてあげようとしたり、ねんねソングを歌って、寝かしつけをしたり、おんぶひもで、おんぶしてあげたりと、お姉ちゃんぶりを発揮しつつあります。

今日の検診で、おなかの赤ちゃんは下がってきているものの、子宮口はまだ開いていないとのことで、産まれるにはまだ時間がありそうです。
[PR]

by soapsuds | 2008-06-23 14:11 | コドモ日記

<< こどもにお化けの存在は必要か? 1歳9ヶ月 葉夏たん120% >>