<< コドモ同士の影響力 梅雨明け!プール開き♪ >>

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 02. アボガド・ベビーソープ

作成:2007年07月07日 / 解禁:2007年08月04日
b0114909_0374618.jpg

■材料 
(500gバッチ)

 ・ オリーブ油 ... 100g (20%)
 ・ ココナッツ油 ... 100g (20%)
 ・ パーム油 ... 200g (40%)
 ・ 精製アボガド油 ... 100g (20%)
 ・ 苛性ソーダ ... 68g (鹸化率92%)
 ・ 精製水 ... 170g (34%)
 ・ Option/プルメリア精油 ... 120滴

■所要時間
 ・ 撹拌 ... 20分
 ・ 型入 ... 12時間後
 ・ 保温 ... 2日
 ・ 型出し ... 2日後


■作成経過
ベビー用にと思い、ベビーソープでは一番ポピュラーなアボガドオイルを使った。アボガド油は特にマイルドなオイルらしい。

 前回のせっけん作りで手順を把握したので、今回は 
 1. 寝る前に攪拌
 2. 一晩寝かせ、
 3. 翌朝トレースがでているのを確認して型入れを行い、
 4. 翌々日に型だし
 の手順で進んだ。

トレース(せっけんを攪拌して、線がかけるようになること)のタイミングは、せっけんと睨めっこしながら見極めなきゃいけないかと思っていたのが、実際は一晩寝て、翌朝様子をみてから型入れしてもいいことが分かり、せっけん作りのハードルがかなり下がったように思う。

b0114909_1223459.jpg そして今回は香り付けのために、オプションに精油を投入。前回作ったせっけんは香りをつけず物足りなかったので、今回はベビーソープなのに、香り付けのためにプルメリア精油を使った。プルメリアは白い5つの花弁からなる南国の花。中心から黄色のグラデーションがきれい。香りはやはり南国を思わせる少し甘くてエキゾチックな香り。


b0114909_123399.jpg
 プルメリアは、新婚旅行先のタヒチはボラボラ島でよく見かけたなぁと思って懐かしく精油を選んだのだが、後で調べるとそれは勘違い。タヒチで出会った花はティアレ・タヒチ。プルメリアとよく似てはいるが別物らしい。ティアレ・タヒチは、ボラボラでは歓迎のレイに使われていたり、ベッドメイキングされたベッドの上やテーブルの上、洗面台やバスタブの横にそっと置かれていたりと、目にしない日はなかった。それもそのはず、タヒチの国花らしい。白い繊細な花びらに、上品な香り。ティアレ・タヒチとプルメリアちょっと似てるな。



 そして今回も後から作成手順に間違いを発見。アロマ検定を持ってる友人から聞いたところ、精油は一滴が0.05mlになるようになっていて、静かに「ポト・・・ポト・・・」と雫が落ちるのを気長に待たなければ正確な量にならないのだそう。それを知らず、えいゃ!と瓶をフリフリして勢いよく精油を入れてしまった。しかも、精油は体に使っていい量が規定されていて、投入する量はコントロールされるべきものらしい。ベビーソープだからと、控えめ120滴にしておいてよかった。フルに240滴を振り落としてたら、危なかったかも。foo...

b0114909_191269.jpg
型だしした状態。きれいな白色。プルメリアの香りもほのかに漂ってくる。



■使ってみました
 実は待ちきれなくて解禁2日前に試し使い。問題はなさそうなので、高校の同級生のママ会にお土産で持参。

 使用感は全体的にアベレージ。泡立ちも泡持ちも「ほどよい」感じで、悪く言えば「リッチ感にかける」。石鹸の溶け崩れを防ぐパーム油も多めで、鹸化率も高いので、トロトロ感はなし。市販の石鹸のような固さがあるので、手作り石鹸のもろさゆえの高級感があまりない。
 香りはプルメリアがほどよく効いてはいるけれど、肌に残るほどは香らない。まぁ、ベビーソープだからこれで良しとするか。

 洗顔にも使えたけど、前回のはちみつマルセイユのように洗顔後にしっとりって感じではなかった。オイルの配合率でこんなにも使用感が変わるもんだな。夏用にはまぁまぁ?ベビーに使ったところ問題はなし。
 個人的にはクッキー型でクマさんの形にくり抜いたところがお気に入り。
[PR]

by soapsuds | 2007-08-05 01:34 | 手作り石けんレシピ

<< コドモ同士の影響力 梅雨明け!プール開き♪ >>