<< アルファードがほしい その4(購入) アルファードがほしい その2(査定) >>

携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 アルファードがほしい その3(さよならレガシィ)

b0114909_0354814.jpg

今日はオットのお友達がアメリカから帰ってきたので、
新宿御苑で一日、楽しいピクニックのひと時を過ごしました。


そして今夜、レガシィを業者の方が引き取りにとられるとのことで、急いで帰りました。

なんとか約束の時刻に間に合い、レガシィからあわてて荷物を取りだし、
熱で動かないカーナビを氷で冷やして起動させ、個人情報を消去。

ふーっ、間に合った~・・・。

そして引き取りの方が来られて、ちょっとヤンキーなオンボロ代車と引き換えに、
レガシィは我が家を旅立ってゆきました。

b0114909_0395213.jpg


思えば、オットと付き合い始めて半年たったあたりに、
阿佐ヶ谷から浜田山のスバルに、二人で自転車に乗って行って、
購入を決めた車です。

試乗した時に、オーディオの音だけが不満だったので、
オットが私のために、McIntoshオーディオにアップグレードしてくれました。

購入したのは、レガシーアウトバックの発売の翌週でした。
発売直後だったので、当時はまだ
アルファロメオから引き抜いたデザイナーが手がけた新型レガシィが町には珍しく、
ちょっと鼻が高かったものです。

納車された1週間後、
大阪出張のオットを羽田に送り届け、初めて一人で運転したその帰り道に、
1m以上にわたるながーい傷をつけ、オットを愕然とさせました。

結婚前までの間は、冬の間は月に2回は白馬へスノボ。
結婚してからは、ほぼ毎週のようにゴルフ。

軽井沢では、すっぽり雪に埋まった友達の別荘から四駆を生かしてなんとか脱出。
ちょっとやそっとの雪ではスタックしないその強さに、いっぱい助けられました。

バンパーを引きづりながら、走ったこともあります。

オットの目によく似たフェイスが大好きでした。

大阪にも四国にもこの車で行ったし、
オットとのお付き合いの6万7000キロの歴史がこの車に刻まれています。

そして、コドモも二人生まれ、
たくさんの荷物でも、まったく問題ない収納力でどこに行くにも大活躍でした。
そして、廃車になるまで乗る覚悟でした。

思わぬ展開で、手放すことになってしまったけれど、
どこに行っても、元気でがんばって。

ありがとう、レガシィ・アウトバック。
[PR]

by soapsuds | 2009-08-02 00:55 | コドモ日記

<< アルファードがほしい その4(購入) アルファードがほしい その2(査定) >>